2012年09月09日

2012年ラーメンレポート第50段(通算94店舗目)

日曜のお昼はいつも通り家族でラーメン。

今日はどこへしようか考え、そういえばまだ行ったことなかったということで、寒河江の修ちゃんラーメンさんへ。

修ちゃんラーメン寒河江南店

仕事でよく前は通るんですけど、いつか来よう来ようと思うだけで、行ったことなかったんですね。

下条店さんと大野目店さんは行ったことあるので、これで兄弟店制覇ですね。

あとは山形駅前店だけですか。

ということで、注文はもちろん中華そば(550円)です。

修ちゃんラーメン寒河江南店 中華そば

鶏がらベースのスープは、下条店さんより大野目店さんに近い印象を受けましたが、若干僕にとっては脂多めかな。

鶏がらももう少しパンチが欲しい感じがしました。

麺は中細縮れ。

ゆで加減もばっちり。

チャーシューがプリップリしてて美味しかったですね。

全体的に僕好みで美味しく頂きました。

どうもごちそうさまでした。

さて、次はどこへ行こうかな。

修ちゃんラーメン 寒河江南店
山形県寒河江市大字島字皿沼南747-2
0237-85-3055

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


ラベル:ラーメン
posted by kikuchi at 23:59| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン寒河江 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は、菊地さんとは二歳ほどしか年齢差無いのですが、二十歳の頃に修ちゃんラーメンと言えば駅前本店だけでした。
明け方3時・4時でも満席なんてザラでした。
同年代なんで行ってないとは意外。
平成に入って支店増やして行くんですが、それが裏目だったのか『味落ちてないか?』って、評判落としていくんですが、やったけど飲んで〆のラーメンってイメージあるんで、シラフのランチだと違うでしょうね。
ちなみに、寅真ラーメンの前に修ちゃんラーメンがテナントに入っていたんですよ。
自分的には、寒河江修ちゃんは定食系がオススメですよ、レバニラ炒めは抜群だと思います。
Posted by 浩 at 2012年09月13日 01:23
浩さん こんにちは いつもありがとうございます。

高校卒業して仙台で1浪し、その後上京して19年ぶりに山形へ戻ってきたので、こっちのラーメン屋さんは殆ど無知状態でした。
なので山形のラーメンはどこ行ってもおいしくって、当時は驚いた記憶があります。ホント嬉しい限りです。(東京ではホントピンキリが激しかったので・・・)
確か修ちゃんラーメン駅前店はお父さんがやられてて、3兄弟がそれぞれ別のところに出店したんですよね。なんかの本で読んだことがある気がします。
最近はお昼外でラーメン以外食べたことないので、たまには別のメニューもいいかもですね。
Posted by kikuchi at 2012年09月13日 08:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。