2011年09月01日

【社保】退職後に保険証を遡って再発行できる?

もう9月ですねぇ。早いですねぇ。あっという間に来年になりそうです。

で、たまにはラーメン以外のネタを。

こんな相談がありました。

「今年の4月に退職した従業員がいるのですが、在職中に扶養追加の手続きをするのが漏れてしまい、諸事情により遡って扶養を追加したいのですが、可能ですか?」

今もいる従業員の扶養追加であれば、申立書を書くことでいくらでも遡って可能だと思うのですが、辞めた従業員の扶養追加ですからねぇ。

しかも4ヶ月以上も遡っての処理となると、無理だと思っておりました。

一応、事業所管轄の年金事務所へ問い合わせると・・・

「当時、在職していた証明となるもの(賃金台帳、出勤簿など)を添付して、扶養追加の手続きが漏れていたと申し立ててくれれば、保険証の再発行は可能です」

と。

なんですと!?できるんだ!と思って、今週月曜日に手続きさせて頂きました。

が、今日になって日本年金機構山形事務センターからこんな連絡が。

「協会けんぽから、保険証の再発行はできないと回答がありました」

なんだよ!できるって言ってたじゃないか!と食い下がったんですが(一応事務センターへも直接相談したのでした)、まあできないというんだからしょうがありません。

どうやら、事務センター曰く、昔はできたらしいのですが、民営化になって協会けんぽと日本年金機構に分かれてからは処理の仕方に変更が出たのか、今はできなくなったらしいとのこと。

結局、管轄の年金事務所にて、社会保険に加入していた期間の証明書(「健康保険・厚生年金保険資格取得・資格喪失等確認申請書」という書類です)を発行してもらうことで解決できそうなのですが、ちょっとしたドタバタ劇でした。

僕も勉強になりました。

色々ありますね。

初めての案件だったので紹介させて頂きました。

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


posted by kikuchi at 23:59| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。