2011年08月05日

【助成金】中安金4年目の利用は?

久しぶりに中安金(「中小企業緊急雇用安定助成金」の略)について。

この中安金は、支給限度日数として「3年間で300日」と決められております。

これは、

とある1ヶ月間で実施した休業日数の全体合計を被保険者数で割った平均値を累積していって合計が300日に達すると終了

という計算になります。

たとえば、従業員数20人の会社で10人の従業員が10日間ずつ休業した場合、

10人×10日=100人日

100人日÷20人=5日

つまり1人平均5日利用したことになり、この5日の累積が300日に達したとき終了となるわけです。

で、もし3年間で300日使いきらなかった場合は、

300日までの残日数の範囲で4年目の利用が可能

となります。

つまり3年間でたとえば250日分の累積があれば、あと50日分利用できるというわけですね。

当然3年目から4年目へ移行する際は、5%の売上低下要件を見ないといけないですが。

一応これはあくまで今現在の考え方です。今後新たな考え方が出てくるかもしれません。

実は、僕の顧問先で33回すでに支給申請した会社があって、3年(36回申請)経ってもまだ中安金を利用しなければならないということも想定されますので、今日山形の職安で確認してきました。

こちらの企業さんは現状だいぶ休業数も減ってきたので、もしかしたらこのまま中安金の利用も終了するかもしれませんが、まだまだ最近の経済動向も安心できませんからね。

相変わらずの円高だし。

いつまた大きい震災が来るかもわからないし。

なので念のための情報収集でした。

また今後新たな情報を仕入れたらお知らせします。

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


posted by kikuchi at 19:00| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。