2011年07月30日

タントまなべ閉校式

今日は東根市民立大学タントまなべ学園の講演会&閉校式に理事として参加してきました。

この閉校式は、実はもともとは3月12日に行われる予定でしたが、東日本大震災の翌日だったこともあって延期になっており、4ヶ月半遅れで開催することができました。

3月に予定していた講演もそのまま森永卓郎氏にお願いすることができ、こちらも無事今回行うことができました。

心配だったのがどれだけ人が集まるか、ということでしたが、まあ大体300名位の受講生の皆さんに集まって頂いたようで、運営側としてはみんなホッとしたところです。

「激動の日本経済、これからどうなる?」

と銘打っての森永先生のお話は、経済だけにとどまらず政治や趣味など多種多様な内容であっという間の1時間半でした。

森永卓郎氏講演

未曾有の大災害を経験した日本ですが、明るくラテン系でいかないとこれからは乗り切れないということで、とても面白く笑いの絶えない内容でしたね。

僕も自分の構造改革(明るく前向きに)ができるよう頑張ります。

でもさすが森永卓郎氏、話術がとっても素晴らしく、一応講師のはしくれをやらせていただく機会が増えてきた僕としては、話し方や身振りなどとっても勉強になったような気がします。

少しでも次から取り入れていければいいかな?ですね。

森永先生どうもありがとうございました。

これで、平成22年度のタントまなべ学園はようやく無事すべて終了することができました。

すでに平成23年度の講師選定に入ってますが、僕もまた微力ながら今年度も参加させて頂きますので宜しくお願い致します。

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


ラベル:東根市
posted by kikuchi at 23:59| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。