2010年11月05日

中安金の更新

今日も午前中は新規訪問でした。

今日のお客さんは、介護労働安定センターからの依頼で訪問したとある介護事業所さんだったんで、昨日の新規訪問とはちょっと意味合いが違いますけどね。

でもやっぱ最初の訪問って緊張しますねわーい(嬉しい顔)

今回も2時間みっちりと色んな課題について話をさせて頂きました。

あわよくば将来僕の顧問先になってくれればいいなぁと、正直思っております。


今回は、久しぶりに中安金(「中小企業緊急雇用安定助成金」の略)について。

とある顧問先なんですが、いまもなおこの助成金を利用してまして、もうじき3年目に突入する企業さんがあります。

3年目に入る前に、再度売上の低下要件を見なければなりません。

直近(最新)から3ヶ月分の平均売上額と、そのさらに前の3ヶ月間か、前年同時期のどちらかを比較して5%以上売上が低下していないと、3年目の更新ができないんですね。

この顧問先は12月半ばで3年目に突入するので、平成22年10〜8月の平均売上と、平成22年7〜5月か平成21年10〜8月のどちらかとの比較になるわけです。

もしこの両方比較しても5%以上の下落がない場合、前々年度と比較して10%以上の下落が見られた場合救済されるという通達があります。(その前に5%以内の下落の場合は直近の決算が赤字であればOKです。)

もちろん直近の決算が赤字であることが必須条件なんですけどね。

ただし、実はこの救済が適用されるのが今年の12月1日までなんです。

だとすると、このままでは、2年前のリーマンショック以降急激に売り上げは落ち込んだとしても、ここ1年間で悪いなりにも徐々に売上が戻ってきている企業さんの場合、救済されない可能性があると思います。

こちらの企業さんもこれから損益計算書を見てチェックしますが、12月1日以降に3年目への更新時期を迎えるので、もしかしたら要件に適合しないかもしれませんね。

こういった企業さんは多いと思います。

なので、これから新たな通達が出てくることが予想されますね。

円高などこれからもまだまだ不安定な経済状況は続きそうですし。

注視していかねばなりません。

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


posted by kikuchi at 23:59| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。