2010年01月29日

中安金2年目の助成金計算方法について

今日は午前中山形市方面、お昼にいったん事務所に戻って、午後も山形市方面でした。
午前中は顧問先回りで、午後は山形ハローワークへの中安金(「中小企業緊急雇用安定助成金」の略)の支給申請でした。

で、月末ということもあってか、今日はハローワークでたくさんの先輩社労士の先生方と会いましたね。
最初はS木先生、次にT屋先生、そんでY田先生、でY山先生、最後にG藤先生と、大先輩のオンパレードでしたね。

そんな中、待ち時間の間にY田先生とY山先生と色んな情報交換させて頂きました。
Y田先生とY山先生
顔を隠すY田先生と逆光のY山先生です。(ちなみに真ん中の方は関係ありません。)
特にY山先生と話しこんでたら、自分の順番がきたのに全然気がつかないで、順番飛ばされちゃいましたよ…あせあせ(飛び散る汗)


ところで、ここからは業務連絡で〜す。
中安金の支給申請で新しい情報を仕入れてきました。

助成金の支給申請の対象期間は賃金締め期間で行います。
もし、1年目から2年目に切り替わるのが賃金締め日以外の月途中である場合の助成金の計算方法についてです。

その場合、1年目の部分はこれまでの単価で計算し、2年目に入った日からは新しい単価で計算することになります。

つまり、様式5号(2)が2通りに分かれるわけですね。

皆さんご注意くださいね〜。
(これは全国共通情報なのかな?もし山形県内だけの話だったら他県の方すみません。)

ところが、今回申請した会社というのが、非常に頻繁に時間単位で臨時休業を採用している企業のため、1年目と2年目とで分けて休業時間を計算した場合と、1ヶ月通しで計算した場合とで、合計休業日数計算に誤差が出てしまったんですね。

このケースはハローワークも山形労働局も初めての事例のため、結局今日中に結論が出ませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

まあ、自分の案件が初めての事例だったので、帰り際に

「トップバッターになれて光栄です。」

と言って帰ってきましたわーい(嬉しい顔)

結論が出たらまたお知らせしたいとは思うのですが、内容が細かすぎるので、もし結果をお知りになりたい方は個別にご連絡ください。

それではみなさん、よい週末を〜手(パー)

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


posted by kikuchi at 18:41| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。