2009年12月10日

賞与

今日は今週唯一フルに自分の仕事をできる1日でした。

最近では、僕の中では至極当たり前になってきてしまっている中安金(「中小企業緊急雇用安定助成金」の略で「雇用調整助成金」の緊急対応版)関係で2件処理し、その他に、この12月は社会保険事務所に対する各企業の賞与報告の時期であるため、数件企業訪問させて頂きました。

でも、昨今の急激な経済状況の悪化で、ほとんどの企業は賞与支給なし
大変厳しい時代になってきてしまってます。

そんな中、こんなニュースが。

「本県(山形県)職員、1人当たり約5万円減 公務員に冬のボーナス」

本県でも国の出先機関や県、市町村の官公庁で支給された。山形銀行の推計では、官公庁の支給総額は前年比6.5%減の338億円となる見込み。このうち県職員は、1万8095人(前年比1.90%減)に対し、総額で151億8543万797円が支給された。総額は前年より約13億1764万円(7.98%)減った。1人当たりの平均支給額(平均年齢44歳9カ月)は83万9206円で、前年より5万5512円(6.20%)減少した。
(2009年12月10日山形新聞オンラインより)

民間企業は、経営が厳しいとボーナス出ないところがほとんどです。
でも公務員はどんなに財政が厳しくてもやっぱりボーナスは出るんですね。
しかも、5万円減ったといっても、84万円ですよ。
驚きですね。
これって僕らの税金なんですよね。
まあ、ふざけるなと言うのが正直な感想です。

世の中景気はまだまだお先真っ暗の状態。
これから2番底(「鳩山不況」と言われてますね。)が来るとも言われております。
地方の中小企業はこれからさらに厳しさが増してくるでしょう。
この年末年始、さらに失業者が増えることも予想できます。

いつになったら景気のいい話が聞けるようになるんでしょう。
公務員の皆さまは、この現状をどこまで分かっていらっしゃるのでしょうか。
分からないまま84万円のボーナスを受けるのではなく、せめて少しでも理解した上で手にしてほしいもんです。
宜しくお願いしますよ。
公務員は公僕(広く公衆に奉仕する者)なんですからexclamation×2

さて、明日はまた山形県社労士会で無料の総合労働相談窓口対応の当番日で1日拘束です。
たぶんほとんど相談はないんでしょうけど、頑張ってきま〜す。

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


posted by kikuchi at 23:43| 山形 | Comment(0) | TrackBack(1) | 個人的な考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

社内文書 賞与支給
Excerpt: おうさまぺんぎん : 全店所一斉no時間外でい ボーナス支給: ゾンビの様に徘徊 腕を広げ ⊂二二( ^ω^)二⊃ブーンをさせてあげよう!:草むしりが止まら ... 20代サラリーマンのまずは..
Weblog: 最新!!日本のニュースを紐解く
Tracked: 2009-12-11 12:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。