2009年11月30日

職場体験型雇用支援事業(助成金)

今回は、職場体験型雇用支援事業における各助成金について説明を受けましたので、簡単にご紹介します。

この助成金は最近始まった助成金で、簡単に言うと、ハローワークが指定した求職者を職場体験者として受け入れた事業主に対して助成される制度です。

もし、この制度を利用したい事業主がいるとすると、ハローワークではなく財団法人産業雇用安定センターへ申し込むことになります。
そうすると、この財団から労働局を通してハローワークへ連絡が行き、ハローワークで職場体験者を選定して、財団から事業主へ連絡が行くという流れになるようです。

なので、企業とハローワークとの直接のやり取りはありません。財団法人産業雇用安定センターと労働局が間に入るようです。

この職場体験者に対して事業主は直接賃金を支払う必要はなく、直接国からこの職場体験者に対して参加日数に応じて「職場体験参加者奨励金」が支払われ、これが賃金代わりになります。
同時に事業主に対しては「職場体験助成金」が支払われることになります。

・職場体験参加者奨励金(国から職場体験者へ)
 5日以上8日以下 30,000円
 9日以上12日以下 60,000円
 13日以上16日以下 90,000円
 17日以上 120,000円

・職場体験助成金(国から企業へ)
 5日以上8日以下 20,000円
 9日以上12日以下 50,000円
 13日以上16日以下 80,000円
 17日以上 100,000円

で、この職場体験終了後に、この職場体験者が使えると企業が判断し、直接雇用に切り替えた場合に、改めて国から「正規雇用奨励金」という助成金が事業主に対して支払われます。(半年ごと2期に分けて、トータル100万円)

つまり、最初はハローワークが派遣元となって職場体験者を企業に対して派遣することになるわけですね。

この制度を利用したいと手を挙げている企業は、現在山形県内で13社ほどあるそうですが、実際に派遣された実績はまだないようです。現在は人材を選定中なんでしょうね。

ただし、最後にオチなんですが、民主党の政策によりこの財団法人は解体されるかもしれないため、今年度いっぱいで終了するのではないかとも言われているようです。

まあ、もともとこの助成金が出てきたときから、現在のトライアル助成金などとは違って企業側が人材を選べないので、あまり使い勝手も良くないとの評判もあった様ですが…。

いずれにせよ、今後さらに失業者が増加するとみられております。
こういった種類の助成金は今後も新たに出てくることになるでしょうね。

せっかく本日情報を仕入れたので、今回はご紹介させて頂きました。
もし今後利用を検討する顧問先ができたら、またご紹介したいと思います。

最後に変顔な1枚カメラ
変顔
うちの愛猫ポーちゃんですが、久しぶりにかわいいところでも撮ろうかと思ったら、フラッシュがまぶしくてこんな顔になっちゃいました。
まるで、ネバーエンディングストーリーのファルコンみたいです。

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


posted by kikuchi at 23:48| 山形 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
LYWUMcOb
Posted by yujin at 2009年12月01日 07:52
>yuinさん
はじめまして。
相互リンクの件承知致しました。
ちなみに上記URL拝見させて頂きましたが、弊サイトはどのようなメニューに加わることになるのでしょうか?
Posted by kikuchi at 2009年12月01日 09:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。