2009年11月23日

中安金の今後

今日は、中安金について。

中安金(「中小企業緊急雇用安定助成金」の略で「雇用調整助成金」の緊急対応版)も昨年の12月から開始して、早1年が経とうとしております。

この助成金は簡単に言いますと、経営状況が悪化した企業が、従業員を解雇せずに臨時休業などで従業員を自宅待機させながら雇用維持している企業に対して国から補助金を出すという制度です。

最近、この助成金を継続で利用する際に、2年目に突入する場合の適用条件が各企業ごとに個別に労働局から通知が行きました。

この中安金は昨年の12月から開始されているので、早めに利用を開始した会社はもうすぐ2年目に突入しちゃうんですね。
僕が扱っている顧問先でも、一部でもうすぐ2年目に入ります。

で、この助成金を2年目も引き続き利用する場合の条件として、1年目と同様、2年目に入る月の直近3ヶ月間の売上高平均と、その同時期の前年との比較、もしくは、直近3ヶ月からさらにさかのぼった3ヶ月間の平均とを比較して、「5%以上の落ち込み」があることが必須条件だというわけです。

でも、この条件をそのまま適用させちゃいますと、2年目利用できない会社が数多く出てくるのではないかと、僕個人的には思っております。

なぜなら、昨年の急激な落ち込みから完全に回復してなくても徐々には上向いている会社の場合、この5%落ち込みには該当しないことが考えられるからです。
恐らく、今年の3月前後から利用開始した会社で不該当になってしまう会社は多いでしょうね。

なので、この適用条件は近いうちに緩和されるんではないかと思います。
そうしないと、結局2年目に利用できなかった場合、従業員を解雇せざるを得なく、結果失業者があふれてしまうからです。

ホント今後の動向に注目ですね。

今晩は、うちの事務所の所長である親父殿と近所の焼き肉店へ夕食を食べに行ってきました。
経営者会議
で、今後のこの助成金の扱いや事務所体制などについて、いろいろと話をしました。

また、明日から新しい週がスタートです。
勤労感謝の日にお仕事を頂けていることに改めて感謝感謝ですね。
頑張りますパンチ

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


posted by kikuchi at 23:43| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。