2009年10月18日

プロ野球3リーグ構想

今回も野球ネタ。

現在、セもパもクライマックスシリーズ真っ只中。
我がイーグルスは無事第2ステージへ進出しましたが、セリーグは中日とヤクルトが激闘を繰り広げておりますね。今日は中日が制してタイの1勝1敗。明日が勝負ですね。

ところで、あまり触れられていないように思うのですが、ヤクルトはレギュラーシーズンで負け越したチーム
もしも、もしも、中日と巨人と倒して日本シリーズに進出するとしたら、史上初の借金チームの日本一というのもあり得るわけですよね。
さすがにこれはいかがなものかと思うのですが、どうでしょうか?
やはり負け越したチームには日本一になるチャンスは与えていけないと思うのですが。

そこで提案です。
これはクライマックスシリーズ制度が導入されたときから考えていたんですが、現在の12球団での2リーグ制を、4チームずつの3リーグ制にしたらどうでしょう。
リーグ分けは、例えば北東地区中地区西地区とかに分けて、それぞれ
北東地区:日ハム、楽天、西武、ヤクルト(もしくは巨人)
中地区:巨人(もしくはヤクルト)、横浜、ロッテ、中日
西地区:オリックス、阪神、広島、ソフトバンク
とする。
もちろん交流戦も頻繁に行う。

そしてポストシーズンは、それぞれの地区(リーグ)1位とワイルドカード(それぞれの地区の2位チームの勝率トップ)の4球団で、日本一決定トーナメントをする。

そうすれば少なくともレギュラーシーズン負け越したチームがポストシーズンに進出するということはなくなると思います。
どうでしょうね。
あくまで僕個人の勝手な考えですが、せっかく年間140試合以上して1位になったのに3位のチームが日本一になるという矛盾もだいぶ解消できるのではないかと思います。

今までは巨人戦をすること(中継をすること)が各球団の大きな収入源の一部と言われてきましたが、ここまで各球団とも地域密着が進んでくると、巨人戦にこだわる理由はなくなってきてると思います。
ホントならもう数球団増えてくれるとよりいいんですけどね。
是非そうなってくれないかなぁと、常々考えてますね…。

以上が僕の勝手な考えでした。

ところで昨日はうちの親父殿、仙台までクライマックスシリーズ第2戦観に行ってホントに喜んで帰ってきました。
観に行けなかった僕は非常に残念だったんですけど、親父の顔を見たらいい親孝行できたのかな?と思います。
仙台のお土産も頂きましたけどねわーい(嬉しい顔)
仙台の牛たん
早速今日頂きましたるんるん

最後に、今日はスポーツ新聞も大量買いしちゃいました…。
スポーツ新聞各紙
アホですね〜わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
でも最初に行ったコンビニにはほとんど売り切れてたんですよ。なので2件目のコンビニで買いそろえました。みんな東北人として昨日はうれしい瞬間だったんでしょうね。
そしてウキウキ気分ですべて読破しました。

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン











ラベル:仙台
posted by kikuchi at 22:05| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 個人的な考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させてもらってます。
確かにCSの制度は賛否両論のようですね。2リーグ制だと、ヤクルトのようなチームが日本シリーズに出てしまう可能性があるワケですもんね。

しかし、戦力の偏ったセリーグでは現行のシステムが最高だと思うんですね(・o・) ヤクルト銀行がいい例で、シーズン終盤にも関わらず、ファンが球場に足を運ぶ。今までは消化試合でしたから。また前半勢いがなくても後半に勢いが出たチームが日本シリーズにでるという、下克上みたいなこともあるワケですし・・・。今後どうなるか楽しみですね!
Posted by ハートマン at 2009年10月19日 09:08
ハートマンさん こんにちは。
確かにシーズン終盤でもお客さんが球場に足を運んでくれるし、緊迫した戦いが最後まで繰り広げられるわけですから、CS制度そのものについては大賛成です。
ただ、やはり最低限勝ち越さないといけないのでは、と思うんですね。
もし、今日ヤクルトが中日を倒して、その後勝ち進み、優勝→日本一とかになれば、本気で見直されるかもしれれないなと思ってます。
まあ、いずれにせよ今の時期に我がイーグルスがまだ真剣勝負に混ざっていること自体に幸せを感じている次第であります(笑)
Posted by kikuchi at 2009年10月19日 10:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。