2009年08月27日

インフルエンザ

ついに我が街東根でもインフルエンザ患者のニュースどんっ(衝撃)
今までは正直他人事だったんですが、いよいよ身近な出来事になってきました。
我が家には妊婦と小さい子供がいるので、罹ってしまうといわゆる重症化になりやすいわけですから、ホントに気をつけなければなりません。
なので今日からマスクをつけて客先回りをすることにしました。特に僕は毎日不特定多数の人と接触する機会が多いので。

が、車で移動しても、コンビニに入っても、まだまだ誰一人としてマスクを着けている人はいませんでした
なので、顧問先へマスク姿で入ると、まず一歩引きさがって皆さん驚きますね。
「いやいや、予防のためです。」
って言って、笑い話にしたんですが、多分近いうちに笑い話では済まなくなるでしょうふらふらあせあせ(飛び散る汗)

今朝のニュースでは、日本の人口の約3分の1がかかるとか、10月にピーク第1段が来るとか言っていたので、これから本気出して予防に努めて自分がウィルスを自宅に持ち込まないよう努力したいと思います。
それでも子供も保育園に通ってるし、カミさんも買い物に行ったりしますので、まずは手洗いとうがいと消毒ですね。
すぐに周りはマスクだらけになるに違いありません。


そんな中、今日は僕にとってちょっと嬉しい出来事がありました。

最近顧問契約を結んで頂いたお客さんでなんですが、この会社は僕が関与するまでは文房具店で買ったような就業規則しかなく、時間外管理や有給休暇管理も全然行っていないところでした。
従業員としても、これまでは特に文句も出なかったのですが、まあ、自由な労務管理だったということなんですね。

とは言っても法律に満たない部分が多数見受けられましたし、社労士が関わったわけですから放置するわけにもいきません。このままでは監督署が入ったら間違いなく多大なダメージになります。

なので、社長や役員に対して時間をかけて説明を行ってきました。それで、ようやく最近きちんと就業規則を整備でき、時間外や有休についても管理する体制を作れたんですね。
また、就業規則の説明も会社にだけでなく、きちんと労働者代表である主任にも不明点や疑問点について説明を行いました。

で、この間、会社側が従業員に対して就業規則や時間外管理を中心に今後の管理体制について説明を行ったらしいのです。

これまでは従業員にとっても規則や時間の縛りがなかったので、このように時間もきちんと管理されてしまうと、不平不満もたくさん出るのではないかと、会社側はかなり心配されたようです。
が、従業員代表である主任が率先して時間外や有休についてその他の従業員に対して説明を行ってくれたらしく、みんなも納得してくれたとのことでした。

従業員の1人が率先して他の従業員に対して説明してくれると、非常に浸透しやすく納得もされやすいんですよね。いい体制作りができたと思います。

今日、役員の方が嬉しそうに僕に報告してくれたんですが、僕としても「この会社のために」と頑張ってきたんで、非常にホッとしたと同時に嬉しかったですねわーい(嬉しい顔)

以上、取りとめのない話ですが、僕にとって今後の社労士活動のやりがいにつながる出来事でした。

↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


posted by kikuchi at 18:14| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。