2009年07月18日

介護業界の現状

昨日17日午前中は、山形国際ホテルで介護事業者による介護労働安定センター賛助会員の交流会に出席してきました。

山形国際ホテル 賛助会員交流会

僕は今年度介護労働安定センターからの委託で、介護業界に対して労務管理のコンサルタントを担当しております。
今回は色んな会社が出席するのでぜひ交流会に出てほしいと言われ初めて参加してみました。(ビジネスチャンスも期待してわーい(嬉しい顔)

6つのグループに分かれ、フリーディスカッション形式で様々な介護の問題などに対して意見交換が行われたのですが、僕は介護業界については全くの素人なので、当然専門用語もわからずただ皆さんのお話を聞いておりましたね。当然、労働時間など労務管理関係の話になるとアドバイスはさせて頂きましたが。

そんな中でも非常に興味深かったのが、介護業界の中でもサービス形態が多種多様になってきているということでした。
今は、利用者に対して同じ童謡や民謡を聴かせたりしているらしいのですが、今後団塊の世代の方々がサービスを受けるようになると、ビートルズとかベンチャーズなど、それぞれの個々人の趣味に応じて施設側も対応していかなければならないとのこと。
なるほどと思いましたね。
理容業界の方々も介護業界に進出してきており、単なる理容ではなく「美容」という観点からサービスを提供していきたいというお話もありました。
女性は女性のままで終わりたいという願望があるので、ぜひ介護業界で貢献したいということでしたね。
現状は美容に対して施設側の理解はまだまだ低いらしいのですが、これはビジネスとしても広がる可能性を十分に秘めているなと感じましたね。

介護業界というと、賃金が低いだの、非常にきついので従業員の定着率が低いだの、などという話は新聞やテレビ等で少しは知っているつもりでしたが、より具体的な色んな課題や理想などを聞けて勉強になりました。
来週からも介護事業所に対してコンサルティングを予定しておりますが、また少しは介護業界の現状を知ることができたので、また違った面からのアドバイスも今後できたらなと思ってます。

交流会食事の準備
これは交流会終了後の食事前の風景です。

午前中の交流会を終了した後は、その足で山形市内の顧問先へ。
6月分の中安金の支給申請のため訪問してきました。
こちらの顧問先では、ようやく第1回目の助成金の振り込みが先週あり、非常に感謝されましたねるんるん
受給金額も200万円以上だったので、社長の奥様も安どの表情を浮かべてました。当然僕だって受給できるまでは心配だったので、ほっと一安心です。

そして夜は7時から、東根市の職業訓練校にて、平成21年度タントまなべ学園の第2回理事会に参加。
今回から僕の信頼のおける友人にも参加して頂き、これからタントまなべを盛り上げていけたらと思ってます。
M君。これからもよろしくお願いいたします。

さて、今日から3連休ですが、またまたたっぷりと仕事を持ち帰ってます。少しずつ確実にこなしていきます。
でも辛くはないんですよ。すっごく忙しいですが、非常に充実しててホント楽しいです。
前のサラリーマン時代には決して味わうことの出来なかった感覚ですねわーい(嬉しい顔)


↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


posted by kikuchi at 00:20| 山形 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。