2009年07月17日

中小企業緊急雇用安定助成金

昨日16日もほぼ1日中、中小企業緊急雇用安定助成金、いわゆる中安金での活動でした。
ここ最近は、いや、もう半年以上はこの中安金でバタバタとしている毎日。いまだにほとんどの時間は中安金の対応で費やされている状態ですね。

僕は約10社程の顧客に対して現在も引き続き中安金の対応をしております。

この僕が今請け負っているそれぞれの会社では、給与締め日が15日、20日、末日と当然バラバラです。
まず、15日締めの会社の臨時休業の計画書を15日までにハローワークへ提出しなければなりません。
次に20日締めの会社の計画書を提出するのと同時に、15日締めの会社の前月度の休業実績について確認し、支給申請書を作成します。
次に末日締めの会社の計画書を提出するのと同時に、20日締めの会社の支給申請書を作成します。
場合によっては、臨時休業分の控除と休業手当を計算してあげる顧客もいます。

このように、次々と計画書と支給申請書の提出が交互にやってくるので、気が抜けないわけなんですね。
油断すると、申請が漏れてしまうなんて不測の事態が起こっちゃうわけなんです。
時々申請が漏れた夢も見ます。(これ焦りますよね・・・がく〜(落胆した顔)
人数の多い会社で休業日数が多いと1ヶ月で数百万円の助成金額になるので、忘れたでは済まされません。考えただけで恐ろしいです。

最近は、こんなサイクルにも慣れてきたんですけど、慣れが一番の敵ですよね。
毎日申請が漏れていないか、毎朝事務所でのチェックの繰り返しです。

この中安金は、前身の雇用安定助成金に比べると、非常に申請しやすくなってます。
審査内容も非常に敷居が低くなってます。
そのため申請する企業も本当に多く、労働局も現在はパンク状態ですよね。
申請しても助成金が支給されるのが遅れていると、先日も新聞報道されました。山形県では大体3ヶ月遅れのようですね。
僕の扱っている顧客でも、現在4月に申請した企業に対して今支給されてきております。(でもまだ4月に申請してても未支給の企業さんもあるんですよ。)
今週に入って、山形労働局へ支給状況を確認しているのですが、はっきりとした明確な回答はしてきませんね。
困ったもんです。

ただ、いくら敷居が低くなったとしても、申請するには一定の条件が必要です。
特に、これまで日給制などで出てきた日数に対してのみ給与を支払っている会社などは、利用するのは非常に難しいですね。
これから申請するために臨時休業を導入しようとしても、じゃあこれまではどうだったのか?というのを見られてしまうので、申請前3ヶ月間も月の所定労働日数に満たない日に対して休業手当を支払っていないと休業手当の不払いとみなされてしまい、この部分をきちんとクリアしないと、この中安金は使えません。
僕も数多くの相談を受けましたが、この条件をクリアできなくて利用できない会社もたくさんありました。

なんで、過去3ヶ月間が見られてしまうのか?
臨時休業を導入すると、その休業手当を計算するために、過去3ヶ月間の実績から労働基準法上での平均賃金を計算しなければなりません。
臨時休業を導入する期間とその前3ヶ月間は同じ条件になっていないといけないという考えが根底にあるようです。
そりゃそうですよね。
助成金を受けたいがために、これまでの日給制に対して目をつぶるなんてのはちょっと虫が良すぎです。
でも、過去3ヶ月間に対してさかのぼって休業手当を払ってでも、今後1年間利用した方がメリットがあるなら、ぜひ利用すべきです。
が、会社の持ち出し部分も増え負担がかなり大きくなってしまいますが。

今でも、もし利用したいんだけどよくわからない、なんて会社があったら、いつでも相談にのる気持ちはあります。
が、体は1つなので、物理的に対応は???ですね…たらーっ(汗)

今日も、中安金で飛び回ります。
来週もすでに行政協力と中安金で予定がびっしりです。
仕事を頂けていることに感謝感謝ですねわーい(嬉しい顔)

あ、午前中は別の予定が入ってたな。


↓ご覧頂けましたらポチっとお願い致します。
blogram投票ボタン


posted by kikuchi at 06:18| 山形 ☁| Comment(0) | 制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。